77 LIFE STYLE 日本一の移住の州
岡谷市 おかやし

嗚呼、いいものあるね岡谷

「自然や文化、ものづくりが共生する「湖に映える、美しいものづくりのまち」
移住を検討されている皆さん、湖と四季を彩る山々に囲まれ、自然を感じながら快適に生活することができる「まち」です。
新たな暮らしの場として「岡谷市」をぜひご検討ください。

  • 諏訪
  • 雪があまり積もらない
  • 夜間クーラーがいらない
  • 空気がカラッとしている
  • 避暑地になっている
  • 車がなくても暮らせる場所がある
  • 里山がある
  • アルプスが近い・見える
  • 特色ある学校がある
  • 特色ある子育て施設がある
  • スーパー
  • 総合病院(車で10分)
  • 温泉
  • 大型ショッピングモール
  • 総合病院(車で30分)
  • キャンプ場
  • 釣りスポット
  • 水上アクティビティスポット
  • 特急電車停車駅(⇔東京)
  • 在来線(JR、私鉄)駅
  • 高速バス停留所(⇔東京)
  • 高速バス停留所(⇔名古屋)
  • 高速バス停留所(⇔大阪)
  • 空き家バンクがある
  • お試し住宅がある
  • 別荘地がある
  • 古民家がある

もっと詳しく

PR動画

デジタルブックへ

Re:Start@信州移住者体験談

移住者体験談がありません。

支援制度

【移住を検討される方へ】交通費・宿泊費・体験住宅の家賃を補助します!
https://www.city.okaya.lg.jp/okayanisumu/izyuusien/7876.html

【最大100万円を支給】岡谷市就業・創業移住支援事業
https://www.city.okaya.lg.jp/okayanisumu/izyuusien/12510.html

移住体験住宅『ヴィラ塩嶺』利用者募集
https://www.city.okaya.lg.jp/okayanisumu/izyuusien/15305.html

【家賃補助】若者おかや暮らし応援事業
https://www.city.okaya.lg.jp/okayanisumu/izyuusien/13362.html

岡谷市大学等進学資金利子補給金について
https://www.city.okaya.lg.jp/okayanisumu/izyuusien/14231.html

制度・事業名 内容 関連リンク
岡谷の魅力体験事業(交通費補助) 【対象経費】 現住所地から岡谷市間の往復に要する公共交通機関の経費で、最も経済的かつ合理的な通常の経路及び方法によりかかった費用と実費のいずれか少ない額
【補助金額】
上限 10,000円(但し、対象経費の2分の1以内)、1人当たり年3回まで
【対象となる公共交通機関】
鉄道(JR、私鉄)、バス(路線バス、高速バス)、航空、船舶(フェリー等)など
岡谷市移住支援
岡谷の魅力体験事業(宿泊費補助) 【対象経費】 宿泊施設の宿泊費
【補助金額】
上限 1人当たり一泊5,000円(但し、対象経費の2分の1以内)
1人当たり年7泊まで
【対象宿泊施設】
ホテルオークニ、ビジネスホテル湊屋、ホテルクラウンヒルズ岡谷、民宿かわもと、やまびこスケートの森 ログコテージ、ホテル岡谷、岡谷セントラルホテル、喜久地旅館、民宿みなと など
岡谷市移住支援
岡谷の魅力体験事業(移住体験住宅の家賃補助) 【対象経費】 市内の民間賃貸住宅の内、市が移住体験住宅の登録を認めた住宅の家賃
【補助金額】
上限 40,000円/月額(但し、対象経費の2分の1以内)
連続する2ヶ月以内で、当該年度内において1回限り。
岡谷市移住支援
若者おかや暮らし応援事業 【補助対象】次のすべての要件を満たす方
1.民間賃貸住宅に居住し、補助金の受給資格の認定申請をした日(以下、「認定申請日」という。)が属する年度の3月31日時点で年齢が18歳以上30歳未満の単身世帯の者であること。
2.認定申請日において、岡谷市に転入してから3か月以内であること。(外国人住民の場合は永住者の在留資格又は特別永住者の資格をもって記録される場合のみ)
3.認定申請日において、2年以上本市に居住する意思があること。
4.民間賃貸住宅の家賃を滞納していないこと。
5.現在及び過去においてこの補助金及び国、県その他の機関から類似する補助金の交付又は交付決定を受けていないこと。
6.就業先の事業所から住宅の家賃に係る手当て等を受けていないこと。(勤労者の場合に限る。)
7.市税の滞納がないこと。
8.学生等及びその者の親族に岡谷市暴力団排除条例(平成24年岡谷市条例第16号)第2条第2号に規定する暴力団員がいないこと。
(※学生のみ)
1.市主催の行事やイベント等へ年1回以上参加し、SNS等に発信し、市のシティプロモーションを行うこと。
2.補助期間中に市内事業所でインターンシップ 又は職業体験を受けるよう努めること。
【補助金額】
月額家賃(共益費、管理費、駐車場料金を除く)の2分の1(千円未満切り捨て)
上限 15,000円/月 最大24カ月間
岡谷市移住支援
岡谷市就業・創業移住支援事業 【対象者】(移住等に関する要件) 次に掲げる事項のいずれにも該当すること。
?移住の直前の10年間のうち、通算して5年以上東京圏、愛知県又は大阪府に在住し、かつ、就労(被用者としての就労の場合にあっては、雇用保険の被保険者としての就労に限る。)をしていたこと。
?移住の直前に、連続して1年以上、東京圏、愛知県又は大阪府に在住し、かつ、就労をしていたこと。この場合において、当該就労の期間の起算日は、住民票を移す3か月前まで遡ることができる。
?令和元年7月1日以降に移住したものであること。
?移住支援金の交付申請日から5年以上継続して市内に居住する意思を有していること。
?暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力と関係を有する者でないこと。
?日本人又は外国人(永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者又は特別永住者のいずれかの在留資格を有する者に限る。)であること。
(就業に関する要件) 次に掲げる事項のいずれにも該当すること。
?企業等の求人に応募し、採用されていること。
?採用された企業等の勤務地が東京圏以外の地域に所在すること。
?親等以内の親族が代表者又は取締役などの経営を担う職務を務めている企業等への就業でないこと。
?週20時間以上の無期雇用契約に基づいて企業等に就業し、移住支援金交付申請時において当該企業等に連続して3月以上勤務していること。
?企業に求人に応募した日が、企業等の求人情報がマッチングサイトに掲載された日以降であること。
?移住支援金の交付申請日から5年以上継続して企業等に勤務する意思を有していること。
?企業等への就業は、転勤、出向、出張、研修等による勤務地の変更ではなく、新規の雇用であること。
【移住支援金額】
?単身世帯 60万円
?2人以上の世帯 100万円
移住支援金の金額

移住相談窓口

産業振興部 工業振興課
〒394-0028 長野県岡谷市本町1-1-1 テクノプラザおかや内
電話 : 0266-21-7000/E-mail : kougyo@city.okaya.lg.jp
受付時間 : 8:30~17:15 休日 : 土・日・祝日・年末年始

移住コンシェルジュ

ページTOPへ