支援制度一覧

市町村で探す

カテゴリーから探す

市町村 制度内容
飯田市
仕事
制度・事業名 サテライトオフィス開設費用補助制度
内容 新型コロナウイルス感染症が拡大する中、業務分散やBCP対策としてのバックアップ機能確保、またテレワークなど働き方改革に取り組む企業が飯田市にサテライトオフィス等を開設する場合、補助金を交付します。
サテライトオフィスとして活用する施設は、市内の空き物件(シェアオフィスを含む)、エス・バード、飯田市環境技術開発センターのインキュベート室であり、改修費用・情報通信環境整備費用などを補助しています。
補助金額は対象経費の1/2(1物件あたり上限300万円)。

詳細はウェブサイトよりご確認ください。
関連リンク ”変わる時代”を”変わらない自然”の中で生きる選択。南信州にサテライトオフィス開設を。
佐久市
住まい
制度・事業名 佐久市空き家バンク
内容 佐久市内に空き家を所有されている家主さんの登録による空き家情報を提供しています。
佐久市ホームページで最新の情報や室内の写真等がご覧いただけます。
~気になる物件がありましたら事前にご連絡・ご予約の上、ぜひお越しください~

◆佐久市移住相談員と楽園信州さくがきめ細かにご対応させていただきます。
◆佐久市移住相談員は2名とも移住者であり、移住者の立場から様々な相談に乗ります!!
関連リンク 佐久市空き家バンク「おいでなんし!佐久」~市HP~
山形村
仕事
制度・事業名 山形新規就農者支援事業
内容 村では、村内での新規就農を促進し、青年農業者の定着を図るため、新たに農業を始めた方へ支援金を給付します。
国の農業次世代人材投資資金の対象とならない50歳未満の方が対象です。
関連リンク 山形新規就農者支援事業について(村HP)
駒ヶ根市
住まい
制度・事業名 上下水道定住促進補助制度
内容  市外に住む方を対象に、駒ヶ根市に移住するために、住宅の給水管の取り出し工事を行う場合、下水道の公共ます設置工事を行う場合にその費用の一部を補助します。
 夫婦の年齢の合計が80歳未満の方は、住宅取得補助制度とあわせて申請することもできます。
 各種条件があります。
・居住開始後5年以上居住する など
関連リンク 上下水道定住促進補助制度
駒ヶ根市
その他
制度・事業名 お試し滞在事業
内容 市外に住所がある方が、移住定住に向けた活動を行うために、駒ヶ根市が指定する施設に宿泊される場合に、宿泊費の一部を助成します。
関連リンク 駒ヶ根市「お試し滞在」事業をご利用ください

ページTOPへ