77 LIFE STYLE 日本一の移住の州
天龍村 てんりゅうむら

信州に春を告げる村

  • 南信州
  • 3千人未満
  • 日帰り温泉がある
  • キャンプ場がある

 天龍村は長野県の最南端に位置し、その93%は山岳重畳、起伏のはげしい林野であり、村のほぼ中央を流れる天竜川とこれに注ぐ各支流沿いの両岸と山腹の一部にわずかに耕地が存在する純山村です。
 気候は、周囲を1,000m級の山脈と起伏の多い急傾斜地に囲まれているため、寒暖の差が著しいですが、年平均気温12.6℃、年間降雨量約2,000㎜と高温多湿の気候であり、シュロ、ゆず、カシ等暖帯性の植生が特徴的で長野県内では最も温暖な地帯です。
 毎年、県内で一番早くサクラの開花し、天龍村から信州のサクラ前線が北上することから「信州に春を告げる村」として春の訪れを感じることができます。

 そんな天龍村は、かつて林業の振興やダム建設などで一時は8,000人以上が暮らしていましたが、現在の人口は1,400人弱となっています。
 最新の国勢調査では全国で2番目に高い高齢化率を誇る村です。
 裏を返せば元気なお年寄りが活躍する村でもあります。

 天龍村には国の重要無形民俗文化財に指定されている伝統芸能のほか、外からの「眼」でみると興味深いことがたくさんある村だと思います。
 興味をお持ちになりましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

移住セミナー・ツアー・相談会

一覧

イベント情報がありません。

移住関連情報

一覧

移住関連情報がありません。

Re:Start@信州移住者体験談

移住者体験談がありません。

基本情報

所在地
人口
1,365人
平均年齢
面積
109.44K㎡
気候
公式サイト
http://www.vill-tenryu.jp/

もっと詳しく

支援制度

おもな支援制度については基本情報をご覧くださいませ。

天龍村でも住宅取得や出産祝等の祝い金制度がありますが、
このほかに、居住した後でも各種支援制度がございます。

【その他の支援制度】
・U・Iターン助成金
 天龍村に住所を移し、永住する意志のある50歳以下の方が2年経過後に支給します。(夫婦10万円・単身5万円・2-18歳の子供1人につき2万円)

・通勤助成金
 天龍村に居住し、永住する意志のある50歳以下の方が村外で就業する場合の通勤費用の一部を補助します。

このほか、乳幼児等こどもの医療費補助、赤ちゃんおむつ購入補助、高校生の通学費用(電車代)補助、奨学金制度(原則無利子貸与)、タクシー券補助、温泉保養券配布など生活に結びつく補助制度がございます。

制度・事業名 内容 関連リンク
タクシー券「クオッシー」交付事業 交通弱者対策として、天龍村タクシー利用券の補助を行っています。

①利用できるのは天龍村民に限ります(年齢制限はありません)
②利用できる区間は、村内全域と村内から新野診療所、阿南病院までとなります。
③タクシー利用券は役場および役場南支所で販売しています。
④タクシー券は額面の1/4の値段で3種類の券種を販売しています。
高校生通学費補助事業 電車通学の高校生に対し、通学定期券代の50%を補助します。
完全給食の実施 保育園の全園児の給食、おやつ
および公立小・中学校の児童・生徒の給食費を100%村が補助します。
赤ちゃんおむつ助成券交付事業 0歳から3歳到達時までの子どもを対象に、村内事業所で使える「おむつ等購入費用」を助成します。

対象者:0歳~2歳児(3歳到達月の月末まで)
助成額:毎月2,000円
対象品:おむつ、おしり拭き等付属品
使用可能店舗:天龍村商工会加盟店
結婚祝金・出産祝金 【結婚祝金】
以下の条件を満たした場合、1組5万円を支給します。

①天龍村に2年以上居住及び住所を有する50歳以下の者で、かつ永住の意志のある夫婦(居住・年齢要件はどちらか片方が該当していれば対象となります)
②結婚祝金は重複して支給しません。

【出産祝金】
夫婦のいづれかが天龍村に2年以上居住および住所を有するもので、かつ永住の意志のある父母に対し、以下の金額を支給します。

第1子 20万円
第2子 20万円
第3子 50万円
第4子以降は第3子と同額

一覧へ

移住相談窓口

地域振興課 移住定住推進係
〒399-1201 長野県下伊那郡天龍村平岡878番地
電話 : 0260-32-2001/E-mail : s-suishin@vill-tenryu.jp
受付時間 : 8:30~17:15 休日 : 土・日・祝日・年末年始

移住コンシェルジュ

ページTOPへ