市町村で探す

    移住者体験談

    中途半端ではない振り切った「ザ・田舎」

    岩手県 栄村 信州で働く趣味と暮らす

    佐藤慎平さん

    移住先 栄村
    移住年月 2019年
    年代 20代
    家族構成 単身
    職業 地域おこし協力隊員
    移住のきっかけの画像

    移住のきっかけ

     もともと、田舎暮らしや起業をしたいと考えていました。そうした中で、地域おこし協力隊という制度があることを知り、移住を決意しました。そして、どうせなら中途半端な田舎では面白くないと思い、ガチな田舎である栄村を選び、移住しました。
     移住後は、地域おこし協力隊員として、地域のイベントや農業に取り組んでいます。

    振り切った田舎だけれども、オープンでウェルカムの画像

    振り切った田舎だけれども、オープンでウェルカム

     栄村は、どこへ行っても里山と田畑が広がる、中途半端ではない振り切った「ザ・田舎」なので、皆さんがイメージするとおりの田舎暮らしがそのままできます。
     また、田舎は閉鎖的というイメージがありますが、栄村は全くそんなことはありません。若い人が気軽に飲みに誘ってくれたり、地域の人が畑を貸してくれたり、野菜をいっぱいくれたり。何か困ったことがあれば助けてくれます。以前にイベントを企画したときには、周囲の人が気軽に相談に乗ってくれたり、手伝ってくれたりしました。

    実は娯楽が充実しているの画像

    実は娯楽が充実している

     栄村には、都市部のようなお金で買える娯楽は少ないですが、自分でつくる娯楽が充実しています。例えば、キャンプや野営をしてみたり、田んぼや畑をやってみたり、テントサウナをやってみたり。東京から友達が来たときに、ちょっと山に入って山菜を取って、天ぷらにして振る舞ったところ、とても喜ばれました。
     また、スノースポーツは都市部に住んでいると多額の交通費や宿泊費などがかかる贅沢な娯楽です。でも、ここでは村内や近隣にスキー場が多数あり、気軽に安価で楽しむことができます。

    移住を検討している方へ

     田舎への移住は、理想と違うこともあるかもしれません。でも、移住=永住ではないので、まず、気軽に来てみて、自分に合えば、そのまま定住という形でもいいと思います。
     あと、自分も仲間が欲しいので、気になることがあれば、気軽にTwitterで連絡をください。

    【佐藤慎平さんのTwitterアカウント】
     しんぺー@農民 (@shinpei_sakae)

    ページTOPへ