ふるさとに逢える 楽園信州 心が澄む・信州に住む | 長野県の移住ポータルサイト

ブックマーク

市町村で探す

移住者体験談

下諏訪に住みたいなと思うきっかけのひとつになれれば

東京都 下諏訪町 子育て仕事・起業

斉藤 希生子 さん

移住先 下諏訪町
移住年月 移住3年目
年代 20代
家族構成 夫婦、子1人
職業 マスヤゲストハウス
アクセスの良さで下諏訪での起業を決めましたの画像

アクセスの良さで下諏訪での起業を決めました

「東京のゲストハウスで働いていた時に、いつか宿を持ちたくて地方の宿を巡りました。地域の良さを伝える宿が素敵だったので、自分の地元でそれができればと思って」と話す斉藤さん。「マスヤは、食事やお風呂がないからこそ、お店や温泉、ついでに寄って欲しい所も伝えられる案内所の1つ。町の魅力に気づいて何度も来てくれる人が増えて嬉しい。宿泊者の50%がリピーターのお客様という月もあるんです!」と話すとおり、開業数年で多くのファンが集う宿になっています。

人があたたかくて子育てしやすい町の画像

人があたたかくて子育てしやすい町

車を持たない斉藤さんの移動手段は徒歩や自転車。それでも、下諏訪は小さな町で、行きたい所がコンパクトにまとまっているから、「めちゃめっちゃ暮らしやすい!」と太鼓判。赤ちゃんを抱っこして歩いていると、すれ違う人が声をかけてくれるそうです。「子育ては都会よりもしやすいと思う。町のみんなが子どもを見守っている安心感がある。ご近所さんとのコミュニケーションが当たり前にある。それが幸せ、地方の良さ」と、暮らしの面での下諏訪町を選んだ理由を語ってくれました。

ページTOPへ