移住のQ&A

移住に疑問や不安はつきもの。ここでは、移住相談でよくいただく質問をご紹介します。

田舎では車が必要ですか?

中心市街地やJRの主要駅周辺等の限られた地域では、車がなくても大丈夫でしょう。

食料品や生活雑貨などを扱う店舗の多くは郊外にあるため、運転免許の取得をおすすめします。

まったく運転しない場合、バスやデマンドタクシーのある地域をおすすめします。

冬は、どの地域でも冬用タイヤが必要ですか?
はい。冬場、どの地域も降雪があるわけではありませんが、長野県全域で冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)の着用が必須です。
地域に溶け込むにはどうしたら良いですか?

郷に入っては郷に従え。という言葉があるように、地域に根ざした風習やしきたり、伝統や文化は田舎の魅力であり、尊重する気持ちが大切です。

また、お互いに協力しあって生活している田舎では、ご近所づきあいが重要です。

挨拶は自然と行えるといいですね。

行事にも積極的に参加しましょう。

消防団に必ず入らないといけないと聞きましたが。

地域防災の要である消防団に入団すると大変喜ばれます。

地域の人たちと仲良くなれる、“男の世界”でもあります。

しかしながら、普段、町内・村内にいないなどの理由がある方は、遠慮なく消防団に相談してください。

火災鎮火のお手伝いや、行方不明の捜索、年末年始の警戒も、消防団の大切なお仕事です。

地区の行事はどのようなものがありますか?

地区の行事は地域、またその地域の中の地区によって様々、多彩です。

神社やお寺のお祭り、花見、盆踊り、運動会、文化祭・・・。

区長さんや班長さん、ご近所さんに聞いてみるのが一番良いでしょう。

移住されたら、ぜひ参加をしてみてください。

ご近所さんからたくさん農作物をいいただきます。御礼は?

都会よりも地域の繋がりが濃い田舎では、ご近所さんから採れたての農作物をいただく機会も多いでしょう。

まずは、御礼の言葉が大事です。

何度もいただくときは、時にはお土産や手作りのお菓子などの持参も心を通い会えるきっかけです。

田舎は物価が安いですか?
都会と比べて価格競争少ないため、日用品などは田舎のほうが高いかもしれません。けれども、ご近所さんと仲良くなるにつれ、野菜や果物などをいただく機会があることも。また、住居費は都会と比べて安価です。
自然災害が少ない地域を探しているんですが。

自然災害が全くない地域はないです。

地域によって、降水量や降雪が多いなどリスクは異なります。希望地域を絞るときの参考にしてください。

インターネットや住んでみたい自治体に問い合わせて調べてみましょう。

ページTOPへ