支援制度一覧

市町村で探す

カテゴリーから探す

市町村 制度内容
飯島町
住まい
制度・事業名 飯島町住宅建設等支援事業補助金
内容 住宅取得に関する補助です。住宅の新築や既存住宅を購入された方が補助対象者となります。

【補助要件】
・申請者の年齢が50歳未満
・地域自治会に加入
・5年以上の居住を確約
・飯島町空き家改修費等補助金との併用不可

【補助額】
・Iターン:50万円+米1俵
・Uターン:30万円
・その他
  町内業者による住宅 20万円
  町外業者による住宅 10万円
※U・Iターンとは次のいずれかで、町に転入後3年以内に住宅取得した方
 ①小学生以下の子どもがいる世帯
 ②夫婦ともに40歳未満の世帯
 ③父母が40歳未満のひとり親世帯
関連リンク IIJIMANOTE
飯島町
住まい
制度・事業名 飯島町空き家改修費等補助金
内容 町内にある空き家を有効に活用していただくため、売買や賃貸借のための改修や不要物の撤去、建て替えのための取り壊しにかかった費用の一部を補助します。

※飯島町住情報ネットワークとは、町がホームページで公開している土地や建物の物件情報です。
※補助は同一住宅(敷地)又は同一人に1回のみとなります。
※申請前に着手した改修工事等は補助対象になりません。交付決定後に着手してください。
※いずれの補助も町内事業者によるものに限ります。
※改修と不要物の撤去を同時に実施する場合は補助金の合計額とします。
 
【補助対象者】
飯島町住情報ネットワークに登録する空き家について、次の(1)か(2)に該当する方が、(3)から(6)の要件を満たす場合に対象となります。

対象と条件
(1)所有権又は売買若しくは賃貸を行うことができる権利を有すること
(2)購入又は賃貸借(一親等の親族からの購入や賃貸を除く)の契約を締結又は予定がある方で、地域自治会組織に加入し、飯島町に5年以上住所を有することが確実であること
(3)改修工事に要する経費が30万円以上で、申請日の年度末までに完了報告できること
(4)解体に要する費用が30万円以上で、解体後の跡地に新たな住宅を1年以内に建設着手することが確実なこと
(5)この補助金を受けて改修後、住情報ネットワークにおおむね5年間登録可能であること
(6)改修等の内容について飯島町の他の制度による補助金を受けていないこと
(7)世帯全員が町税等を滞納していないこと

【補助額】
・改修工事:経費の2分の1以内(限度額50万円)
・家財道具等の処分運搬費:対象費用(限度額10万円)
・解体費:経費の2分の1以内(限度額50万円)
関連リンク IIJIMANOTE
白馬村
住まい
制度・事業名 家庭用生ごみ処理機の購入補助
内容 補助の要件
堆肥化処理ができ耐久性がよく環境衛生上の配慮がされたものであること
家庭用の電気式生ごみ処理機であること
村内在住者で自宅に設置するものであること(1世帯で1基)
村税等を滞納していない者であること
生ごみ処理機を設置後、年度毎に生ごみ処理機使用状況報告書を提出すること

補助額
購入価格の3分の2以内(上限40,000円)
関連リンク 家庭用生ごみ処理機の購入補助(白馬村)
白馬村
住まい
制度・事業名 EV自動車用普通充電設備設置に対する助成制度
内容 補助金の額
200ボルトの普通充電器設置に係る費用
上限額は4万円

対象者(次の1.2.いずれかに該当する方)
1.白馬村の住民基本台帳に登録されている方
2.白馬村内に事業所、営業所等を所有又は貸借し、事業を営んでいる方(法人又は個人)

補助金交付の条件

補助金申請者(申請者と施設所有者が異なる場合は施設所有者を含む)及び同一世帯員に村税等の滞納がないこと。
申請回数の制限は、充電設備を設置する施設1棟(同一の敷地内に複数の施設を有する場合は1棟とみなす。)あたり1回とする。
関連リンク EV自動車用普通充電設備設置に対する助成制度
白馬村
住まい
制度・事業名 太陽光発電システム普及促進事業補助金
内容 村内に自ら居住し、又は居住する予定の住宅に太陽光発電システムを設置する個人(当該住宅が自己の所有に属さない場合は、当該住宅の所有者の承諾書が提出できる方)で、世帯に村税等の滞納が無い方が対象となります。

1.村内に居住する(予定)とは既に白馬村の住民基本台帳に登録されているか転居により住民基本台帳に登録する予定がある場合を指します。
2.中古品を設置される方は、対象となりません。
3.交付申請は必ず着工前に行ってください。

補助金の額
  1キロワット当たり3万円、上限は12万円となります。
関連リンク 太陽光発電システム普及促進事業補助金

ページTOPへ