お知らせ

市町村で探す

【4/28締切】木曽町地域おこし協力隊(信州型CS推進のためのコーディネータ)

木曽町仕事

信州型コミュニティスクールとは、地域住民の皆さんに日常的に学校に来ていただき、

子どもたちのことを支援したり、

子どもの教育や学校運営について話し合ったり、

学校と地域が「こんな子どもを育てたい」という願いを共有しながら、

一体となって子どもを育てる持続可能な仕組みを持った地域と共にある学校のことです。

 

コーディネータには、

  1. 学校の支援要望把握と地域との連絡・調整
  2. 学校支援ボランティアの発掘・組織化
  3. 学校と地域の連携で子どもを育てることについての地域住民への広報・啓発

など、学校と地域の連携の要となっていただきます。

 

3年をかけ、学校支援の仕組みが構築できれば、その後は学校支援ボランティア(地域住民)による独自の運営が可能となると思われます。また、学校支援ボランティアの発掘をすることで、木曽町まち・ひと・しごと創生総合戦略にかかる、「生涯活躍のまちづくりプロジェクト」にもつながると思われます。(高齢者の生きがい創出)

 

雇用形態及び期間

  • 木曽町役場臨時職員(雇用契約は、町の規定で半年ごとの契約となります。)
  • 平成29年4月1日~平成32年3月31日(半年ごと更新)

 

報酬

時給950円(1日8時間勤務で月22日程度)

 

応募締切

平成29年4月28日(金)

 

詳しくはこちら

 



掲載者及びお問合せ先【木曽町

ページTOPへ